Born on a Baseball Planet
海外野球チームと自分で契約交渉する方法と、ヨーロッパに到着したぼくにチームメイトが言った言葉

2年前の夏のシーズン、ぼくはスイスのバーゼルという地域に位置するシザッハ・フロッグスというクラブと契約しプレーしました。この年は海外でプレーする2年目。はじめて自分で交渉して契約を決めた年だったので、大変でしたがとても良い経験になりました。

 

どうやってプレーするクラブとの契約を決めているのか?というのはよくされる質問でもあるので、ここで一度はじめての契約交渉から実際にチームに参加してどう思ったかまでをまとめておこうと思います。

 

前年の2015年、ぼくは海外でプレーするはじめてのシーズンとして、ドイツ・ブンデスリーガ1部のケルン・カージナルスでプレーしました。ケルンでのシーズンが終わると、翌年の契約交渉が始まりました。

 

まず交渉したのは、ベルギーのクラブでした。このとき契約は上手くまとまりませんでしたが、実際に会ってプレーを見せておいたおかげで、後日その翌年の契約に繋げることができました。

 

次に交渉したのはスイスの3つのクラブでした。2つは友人を通じて、もうひとつは全くコネクションのないところから連絡を取りました。

 

友人を通じて聞いてもらったクラブからは返事が来て、来年の外国人選手獲得の候補に入れてくれて検討してくれましたが、結果的には獲得には至りませんでした。ドイツより1枠少ない2人という外国人枠は狭き門でした。全くコネクションのないところから連絡したクラブからは返事がありませんでした。

 

この時点で自分の手札は尽きたのでヨーロッパに繋がりのある先輩に相談してドイツ、フランスなどを検討しましたが、前年の成績が獲得基準に満たなかったことや、興味を持ってくれていたクラブの2部残留が決まったことなどが足枷となって事態は好転しませんでした。

 

スイスではトップリーグに所属する6クラブ中3クラブにすでに断られ、他のクラブには繋がりもない状態でした。しかし、スイス人の友人のアンドレアは、

 

“You are really passionate and want to come play in Switzerland.”

 

と、お前は本当に一生懸命やっていて本気でスイスに来たいと思ってくれているからと、常に相談に乗ってくれ、一緒に方法を考えてくれていました。

 

事態は思わぬところから好転します。スイスのあるクラブが新監督の就任を発表、それがなんとアンドレアの友人だったのです。そのことをアンドレアに話すと、彼は返信をくれるはずだから連絡してみろと。すぐにあなたのチームでプレーしたいと連絡すると、返事が返って来ました。

 

“Sounds good.”

 

いい話だな、と。それがジョンとの出会いでした。ホストファミリーとして短期間ながら住ませてくれたり、娘のリリーと遊んで大親友になったり、新居のトイレの壁を塗るのを手伝ったり、スイスを離れてベルギーでプレーした翌年も遊びに行って一緒にチキンウィングスにかぶりついたりしたジョンです。

 

一度進みはじめた話はトントン拍子に進み、3月の終わりにはぼくはシザッハ・フロッグスのメンバーとして、ドイツのノイエンバーグでオープン戦のグランドに立っていました。のちに親友になる、多くのチームメイトたちに囲まれて。

 

そのときは、長かったなと。でも、やっとここから新しいシーズンが始まるんだなと思いました。誰に決められたのでもない、自分でプレーする場所を決めたシーズンがです。半年振りのヨーロッパで、ホームプレートの後ろへ向かって走っていったときの気持ちはきっとずっと忘れられません。

 

別の日、どこのチームに行っても必ずひとりはいるビッグ・ヤンキース・ファンの友人が、ぼくを練習に送ってくれながら言いました。

 

“Masahiro Tanaka is in the States signing with Yankees, and you came here.”

 

田中将大はヤンキースと契約してアメリカへ行って、同じ年お前はここスイスに来たんだな、と。ぼくが田中投手と同い年だということを聞いての言葉です。

 

“Not bad.”

 

悪くないな、とぼくは言いました。そうだな、悪くないなと彼も言ってくれました。田中は7年総額1億5500万ドルの契約、ぼくはタダみたいなもんですが、本当に悪くないなと思いました。

 

どこでプレーしても、誰とプレーしても、野球は野球。野球選手は野球選手です。冬に本当に大変な思いをして掴んだ、新しいシーズン。いま目の前にあるシーズンを、1試合を、1球を存分に楽しんでプレーしたいと思ったのでした。

 

 

Equipments: FUJIFILM KLASSE, KODAK PORTRA 400

Argentina Asia Australia Austria Belgium Czech Empire League Europe Germany Independent League Italy Japan Latin America Mexico North America Oceania Puerto Rico Slovak South America Switzerland Tokyo Big6 UK USA アジア アメリカ アルゼンチン イギリス イタリア エンパイアリーグ オセアニア オーストラリア オーストリア スイス チェコ ドイツ プエルトリコ ベルギー メキシコ ヨーロッパ 中南米 北アメリカ 南アメリカ 日本 東京六大学 独立リーグ