Born on a Baseball Planet
海外リーグでプレーするにあたっての英語やドイツ語、オランダ語など言語の問題について

海外リーグでプレーしているとよくされる質問のひとつに、何ヶ国語が話せるの?というものがあります。

Many of my Japanese friends ask me that how many languages can you speak?

I answer that only Japanese and English. The reason why I can survive in Europe without Deutsche or Dutch is the Europeans are so good at English.

 

答えは簡単で、日本語と英語だけです。英語も海外に出るようになってから覚えたもので(受験勉強等で一度勉強はしてありますが)、日常会話であれば問題なくこなせるようになってきましたが、ビジネスレベルでは全くありません。それでなぜやっていけるのかというと、単純にヨーロッパ人はみんな英語が上手だからです。

 

ところが、そう思っていたのは半分正解、半分間違いだということが最近わかってきました。ぼくがこれまでにプレーした国は、日本を除くと4ヶ国。英語圏のオーストラリア、ドイツ語圏のドイツ、スイス(ドイツ語圏、フランス語圏、イタリア語圏があるうちのドイツ語圏)、オランダ語圏のベルギー(オランダ語圏、フランス語圏があるうちのオランダ語圏)です。これら英語、ドイツ語、オランダ語というのは、すべてゲルマン語を由来とする言語です。そのためシステムや単語レベルでとても近い言語であり、これらの言語の話者にとって英語の取得難度はとても低いのです。例えば、ありがとうを英語で言うとThank you.ですが、オランダ語だとDank u. ドイツ語だとDanke schön.で、その近さもわかるのと同時に、言語が地域を経て変化していったことも感じられると思います。

 

また特殊な環境として、ベルギーなどの地域によって異なる言語が母語となっている国では、それぞれ別の地域の出身者同士で話すときに日常的に英語を用いるという状況もあります。映画を観に行っても、英語の音声に対してオランダ語とフランス語の2行の字幕が出るのが面白かったです。これは一見するととても特殊な状況のようですが、例えば日本人と中国人や韓国人が会話するときに何語を使うかを想像すればとてもわかりやすいと思います。片方が母語で片方がほぼわからない言語を使うより、お互いがだいたいわかる英語を用いるのが手っ取り早いのです。

 

一方ヨーロッパでも南部に行くと、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語などはラテン語由来の言語で、フランス人がイタリア語を覚えたり、イタリア人がスペイン語を覚えたりするのは簡単ですが、彼らにとっての英語となると若干難度が上がるようです(それでも日本語話者にとっての英語の取得難度に比べればずっと低いですが)

 

つまり、ぼくがこれまで英語のみでヨーロッパでやってこれたのは、周りにいるヨーロッパ人がみんな英語が上手いからというのが半分、ぼくが行っていた地域がたまたま元々みんな英語が上手い地域だったからというのが半分だったというわけです。

 

But recently I found out that it’s not only because the Europeans are good at English but also because I was in the countries they speak good English. In Germany, Switzerland(in the German side) and Belgium(in the Flemish side) their mother tongue are the Germanic languages. That’s why it’s not too hard to learn English for them.

海外にプレーしにくる日本人は英語があまり話せない選手も多いですが、それはそれとしてヨーロッパ人にとっても第2言語以下の英語を勉強するよりも、挨拶やありがとうや乾杯や、ときには下ネタでもよいので(下ネタはよく教えてくるし、日本語のこともよく聞いてきます)彼らの母語を覚えて喋ってみることはとても大事なコミュニケーションではないでしょうか。

 

すると彼らもそれらの単語を日本語ではなんと言うのか聞いてきますし、一度覚えると何かと使ってくれます。その際には素敵な”ドヤ顔”も見られます。野球だけでない、自分の世界がもっと広がっていくと思います。

 

Equipment: FUJIFILM KLASSE, KODAK PORTRA 400

Argentina Asia Australia Austria Belgium Czech Empire League Europe Germany Independent League Italy Japan Latin America Mexico North America Oceania Puerto Rico Slovak South America Switzerland Tokyo Big6 UK USA アジア アメリカ アルゼンチン イギリス イタリア エンパイアリーグ オセアニア オーストラリア オーストリア スイス チェコ ドイツ プエルトリコ ベルギー メキシコ ヨーロッパ 中南米 北アメリカ 南アメリカ 日本 東京六大学 独立リーグ