Born on a Baseball Planet
#1日1海外野球 #30 メキシコの真っ赤なビール”ミチェラーダ”

メキシコのチームとの契約が決まった時、交渉のあいだに入ってくれた英語の話せるオーナーの娘から、メキシコは甘いものでも辛い国だから楽しみにしておいてねと言われた。甘いものが辛い。哲学的である。しかしメキシコに着くと、それは本当だったと思い知ることになった。タヒンと呼ばれる唐辛子と塩と乾燥ライムが混ざった粉がたっぷりと付いた辛いキャンディーが子どもに大人気だったり、その粉をオレンジなどにかけて食べるのがフルーツの食べ方として定番だったり。なかでも驚いたのが辛いビール”ミチェラーダ”だった。この唐辛子の粉とタバスコのようなチリソースをフチからたっぷりとかけたジョッキに注いで飲む、真っ赤なビールである。チリソースをライムジュースに置き換えた”チェラーダ”というビールの方はぼくも気に入ったのだが、ここまでダラダラと滴るほどチリソースを効かせたものはさすがに外見からして憚られる。慣れたメキシコ人は「いったい何がおかしいんだ?」という顔でフチを滴るチリソースを舐めつつビールを味わっていた。お酒の量を表すのに「舐める程度」と表現することがあるが、これをして舐めるビールと言うのであればやはり哲学的と言えるのかも知れない。

 

/ユカタン, メキシコ

/フジフィルム クラッセ, コダック ポートラ400

Argentina Asia Australia Austria Belgium Czech Empire League Europe Germany Independent League Italy Japan Latin America Mexico North America Oceania Puerto Rico Slovak South America Switzerland Tokyo Big6 UK USA アジア アメリカ アルゼンチン イギリス イタリア エンパイアリーグ オセアニア オーストラリア オーストリア スイス チェコ ドイツ プエルトリコ ベルギー メキシコ ヨーロッパ 中南米 北アメリカ 南アメリカ 日本 東京六大学 独立リーグ