Born on a Baseball Planet
#1日1海外野球 #44 スイスリーグのラティーノたち

スイスに滞在をはじめてすぐの頃、ホストファミリーのドミニカ人が来週試合があるんだけど来るか?と言うのでついて行くことにした。球場につくと他にもたくさんの中南米出身選手たちがいて「ようこそ来てくれた。キャッチャーがいなくて困ってたんだ」と言って歓迎してくれる。聞くと、通常のリーグ戦とは別にラティーノたちで集まって作ったチームがあり、小さな招待試合などに参加しているのだという。気の良いラティーノたちのこと、自チームの外にたくさんの友達ができ、写真のラティーノ弁当もエンジョイできて有意義な週末を過ごすことができた。こうしてラテン諸国出身者だけで集まることは排他的だとして賛否あるが、チーム外で交流や情報交換の場所を持つのは素晴らしいことである。日本の少年野球や学生スポーツでは相変わらず独りよがりな指導者によるパワハラとも言える指導が問題となることが多いが、選手同士でコミュニケーションを取る機会が増えれば自然と優れたチームに選手が集まるはずである。指導者たちに改善を迫るシステムとして、ぜひ日本でも取り入れるべき仕組みだと思う。

 

/チューリッヒ, スイス

/フジフィルム クラッセ, コダック ポートラ400

Argentina Asia Australia Austria Belgium Czech Empire League Europe Germany Independent League Italy Japan Latin America Mexico North America Oceania Puerto Rico Slovak South America Switzerland Tokyo Big6 UK USA アジア アメリカ アルゼンチン イギリス イタリア エンパイアリーグ オセアニア オーストラリア オーストリア スイス チェコ ドイツ プエルトリコ ベルギー メキシコ ヨーロッパ 中南米 北アメリカ 南アメリカ 日本 東京六大学 独立リーグ