Born on a Baseball Planet
メキシコ、ユカタンの美しい海岸プログレソに釣りに行った話 Puerto Progreso

先週の練習のない日にメキシコ、メリダ市からほど近いプログレソという美しい海岸に行く機会があったのでその様子をお伝えしたいと思います。

 

 

朝8:30、ホストファミリーと一緒に車に乗り込んでプログレソへと向かいます。3歳のガエルはまだおねむのようで、ゾンビのように抱えられて車に積み込まれました。ちなみにぼくと同様にホームステイしているピッチャーのゴンザロは、起きられなかったので置いていきます。

 

実はプログレソを訪ねるのは2度目。1度目はこの家に引っ越す前の家からだったので1時間以上掛かりましたが、メリダの中でも北側に引っ越したいま、車でたった30分のドライブで着きました。

 

 

 

プログレソの海岸には美しい光景が広がっており、こうしたPVの舞台になることも。メキシコで今みんなが聴いている曲のひとつです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=k76BgIb89-s

 

しかし今日の舞台はここではなく、道を1本入った河口付近。今日はここに釣りをするためにやってきたのです。

 

 

小さな港に立つ小屋で舟を借りて、河口へ漕ぎ出します。小さな舟に家族4人とぼく、それに操縦してくれるおじさんまで乗るといまにも転覆するのではないという気さえしましたが、バランスさえとれれば大丈夫でした。片方にだけひとが集まらないようにして乗ります。

 

どんどん川の奥へと向かって進んで、錨になっている岩を川底へ投げ下ろしました。ここが最初の漁場のようです。

 

舟を操縦してくれたおじさんが船頭から船尾に移動して投網を広げると、器用に片方の端を口に咥えて、上手く網が空中で広がるようにして投げました。錘が川底に沈んだ頃を見計らってロープを引いて網を引き上げると、今回は空振り。それでも4回、5回と繰り返すとついに魚が網に掛かって引き上げられました。

 

 

実はぼくはおじさんの投網が始まるまで今日はみんなで釣りに来たんだと思っていましたが、それはどうやら違ったようで、何度か漁場を変えながら1時間ほどおじさんの漁を間近で見て、川の風景を見たり家族と喋ったりしてから小さな港へ帰って来ました。

 

川にはマングローブのような植物がびっしりと生えていて、ペリカンのような日本では見られない鳥が間近で見られたりしてとても面白いものでした。家族の写真をたくさん撮りました。

 

 

港に帰って来てからは、今獲ってきたばかりの魚をご馳走になることに。メニューはシンプルな素揚げと、セビーチェと呼ばれるメキシコ料理。細かく削いだ生の身と玉ねぎ、トマト、パクチー、少量のハバネロをレモンで和えたカルパッチョのような料理です。

 

ビールもこの料理と、風景と一緒に楽しむとより一層美味しく感じました。

 

 

 

2度の滞在で、美しいプログレソの表と裏の両面を楽しむことができたこの数日。実は暖かい気候ながら季節が冬だからか海で泳いでいるひとは少なかったので、今度は夏に来て泳いで遊びたいと思います。

 

 

Equipment: iPhone

Argentina Asia Australia Austria Belgium Czech Empire League Europe Germany Independent League Italy Japan Latin America Mexico North America Oceania Puerto Rico Slovak South America Switzerland Tokyo Big6 UK USA アジア アメリカ アルゼンチン イギリス イタリア エンパイアリーグ オセアニア オーストラリア オーストリア スイス チェコ ドイツ プエルトリコ ベルギー メキシコ ヨーロッパ 中南米 北アメリカ 南アメリカ 日本 東京六大学 独立リーグ