Born on a Baseball Planet
外国人選手特集3 ドイツ、ベルギー、スイス、オーストラリアなど各国野球リーグの外国人枠制度の違い/Rules for Imports

前回までの2回で、海外リーグでプレーする外国人選手たちの出身国やプレーを続ける目的について書いてきました。(「外国人選手特集1 ヨーロッパやオーストラリアなど海外野球をプレーする外国人選手の出身国ベスト5」「外国人選手特集2 外国人選手がオーストラリアやヨーロッパなど海外リーグで野球を続ける2つの理由」) Read more »


外国人選手特集2 外国人選手がオーストラリアやヨーロッパなど海外リーグで野球を続ける2つの理由

前回のブログ「外国人選手特集!ヨーロッパやオーストラリアなど海外野球をプレーする外国人選手の出身国ベスト5」では、外国人選手の出身国について記述しました。 Read more »


外国人選手特集1 ヨーロッパやオーストラリアなど海外野球をプレーする外国人選手の出身国ベスト5

前回のブログ「ヨーロッパで3年半プレーして気づいた、日本やアメリカ独立リーグとの3つの大きな違い/The Difference in European Baseball and Others」にて、ヨーロッパでプレーする外国人選手の目的について別のブログにまとめたいと思います、と記述しました。 Read more »


本田圭佑やアクーニャも?!オーストラリアのプロ野球ABLでプレーした12人のNPB, MLB選手たち

このブログにも何度か登場しているように、ぼくは2016年から2017年にかけての冬(南半球では夏)のシーズンにオーストラリアの首都特別地域、キャンベラの1部リーグでプレーしました。 Read more »


独立リーグ入団直前、ブランクを経て復帰を決めたとき観たプロ野球ゲームのCMに涙が流れた話 Crying on a Baseball Game

2013年10月のある日、その年のドラフト会議が終わって1週間が経ったとき、ぼくはこの野球の世界に現役復帰することを決めました。
Actually I have not played baseball 5 years when I decided to take part in the indyball tryout and come back to baseball world. Read more »


ヨーロッパ最大の野球祭典の1つ、オーストリアのフィンクストンボール Finkstonball in Attnang-Puchheim, Austria

ヨーロッパで大きな野球の祭典といえば3つ、東京六大学選抜も参加したことのあるオランダのハーレム・ベースボール・ウィーク、チェコのプラハ・ベースボール・カップ、そしてオーストリアのフィンクストンボールです。 Read more »


ヨーロッパ野球を3年半プレーして気づいた、日本やアメリカ独立リーグとの3つの違い The Difference in European Baseball and Others

このページで始めてご覧になる方のために再び整理すると、ぼくはこれまでヨーロッパではドイツ、スイス、ベルギーの1部リーグで合計3シーズン半をプレーしました。
I think it’s a bit different to play baseball in Europe from to do it in Japan or The States. I’m gonna write about the difference today. Read more »


野球界という小さな世界で起きる奇跡 Baseball, It’s a Small World

何度かこのブログにも書いているように、ぼくはこれまで日本、オーストラリア、ドイツ、ベルギー、スイスで野球選手として滞在、プレーしました。
Like I wrote it sometimes on this blog, I stayed and played baseball in Japan, Australia, Germany, Belgium and Switzerland. Read more »


ヨーロッパとアイスクリーム、イタリアとジェラート Icecream and Europe


ヨーロッパのアイスは安くて美味しいです。おじいちゃんとおばあちゃんがデートで2人で食べていたり、警察官が休憩中に買いに来ていたり、もっと生活の中にアイス屋さんが定着している感じがします。
Icecream in Europe is cheep and good. Read more »


ヨーロッパやオーストラリア、独立リーグなど海外野球で契約の取りやすいポジション・取りにくいポジション/Positions can get signed

海外で契約を取りやすいポジションがあるとすれば、それはどこでしょうか?日本でプレーしていると意識しにくい部分ですが、海外では明確なポジションの優先順位があり、外国人選手は優先順位の高いポジションのためにしか獲得されないのがほとんどです。 Read more »