Born on a Baseball Planet
Foveonセンサーミラーレス一眼カメラSIGMA SD Quattro, 30mm F1.4 DC HSM ARTの購入を決めた3つの理由

以前ファーストインプレッションを紹介した、シグマが世に問うたFoveonセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ SIGMA SD Quattro。

 

たくさんの候補の中から、ぼくがこのカメラとキットレンズSIGMA 30mm F1.4 DC HSM ARTの購入を決定したのには3つの理由がありました。

 

購入後半年が経った今、1年後レビューを書く前になぜこのカメラの購入を決めたのか、その理由をまとめておきたいと思います。

 

 

1. 旅行に行ったときにiPhoneの代わりに使える手軽な一眼カメラが欲しかった

 

ぼくはここ4年ほどヨーロッパやオーストラリア、アメリカなど海外に一定期間滞在し、その国のトップリーグや独立リーグで野球選手としてプレーしています。

 

海外にいると、主要滞在先となったバーゼルやアントワープ、ニューヨークなどの都市の他にも、パリ、ロンドン、ヴェネツィア、ウィーンなど有名観光都市がすぐ近くにあり、試合のない週末やウィークデーに気軽に旅行に行くことができました。

 

今までその旅行中にiPhoneで写真を撮ることはあっても、きちんとしたカメラを出すことはほとんどなかったのですが、あるときそれはもったいないことだと気付きました。作品として以外の写真だって撮っていいはずですし、もしかしたらそうした中から新たな発見があるかも知れません。

 

それにこのブログを始めてから、ブログのためにもっと写真が必要になったのです。

 

ですから理由のひとつめは、iPhoneの代わりに旅行で使えて、ブログにアップする写真の撮れるカメラ。手軽なカメラでした。

 

 

2. デジタル撮影の仕事で自信を持って使えるカメラが欲しかった

 

新しいカメラが満たすべき2つめの条件は、デジタル指定の仕事の撮影で自信を持って持ち出せる、今までの一眼レフの代わりとなるカメラでした。

 

具体的に何の要素を満たして一眼レフを置き換えられるかといえば、「画質」と共に「見た目」が重要なポイントです。仕事の撮影であれば、当然ながら依頼主もモデルもこちらをプロとして扱います。そしてプロであるために必要なものは、プロの「技術」とプロ用「機材」なのです。

 

黒くて、ある程度の大きさがあり、撮影に関わる周りのひとを不安にさせないカメラ。案外見落としがちですが、これも購入するカメラを決める上で重要な条件のひとつです。

 

 

3. それらを合わせて、デジタル写真をもっと好きになりたかった

 

iPhoneの代わりになること、大きな一眼レフの代わりにもなること。結局それらは必要条件でしかありません。それを満たした上で結局どんなカメラが欲しかったのかと言えば、それはもっと写真が好きになれるカメラでした。

 

ぼくは写真を始めたのが遅かったのでデジタルから写真の世界に入りましたが、フィルムカメラを持ってからというもの、もうそれを手放すことはできなくなってしまいました。

 

美しい色と、限られた中の1枚に集中する感覚と、そしてそのとき見た光がフィルム面に焼き付いているという事実。それらに魅せられたぼくは、取り組んでいる作品はすべてフィルムで作っていますし、ぼくの写真のことを知って依頼してくれる撮影はフィルムのものもあります。

 

しかし、すべての撮影がそうではありません。ぼくはそうでない撮影のときも、自分が好きになれる写真を相手にも届けたいと思ったのです。

 

そして、それを満たしてくれるカメラは、世界で唯一Foveonセンサーを積んだカメラしかありませんでした。

 

三層センサーの忠実な再現力は、忠実の向こうに感情や、感動や、なにかの小さな機微を写します。

 

そしてまた、それらの何も写しません。撮影者が冷静で、硬質で、一歩引いた視線でシャッターを押そうとすれば。

 

 

まとめ

 

ぼくが悩んだ末にSIGMA SD Quattro, 30mm F1.4 DC HSM ARTの購入を決めた理由を紹介しました。

 

それでは実際に1年間使ってみてどうだったのか?果たして希望を満たすカメラだったのか?という答えについては、このあと購入1年後レビューでまとめる予定です。

 

もし先にひとつだけ言うとすれば、このカメラの購入後、ぼくは以前より少しだけデジタル写真が好きになりました。

 

 

Equipments: SIGMA SD Quattro, SIGMA 30mm F1.4 DC HSM ART

Argentina Asia Australia Austria Belgium Czech Empire League Europe Germany Independent League Italy Japan Latin America Mexico North America Oceania Puerto Rico Slovak South America Switzerland Tokyo Big6 UK USA アジア アメリカ アルゼンチン イギリス イタリア エンパイアリーグ オセアニア オーストラリア オーストリア スイス チェコ ドイツ プエルトリコ ベルギー メキシコ ヨーロッパ 中南米 北アメリカ 南アメリカ 日本 東京六大学 独立リーグ