Born on a Baseball Planet
【アメリカ独立リーグ挑戦記】エンパイアリーグとは?アメリカ滞在0日目 Empire League Day0

久しぶりの更新です。ぼくは現在プエルトリコのアグアダという地域に滞在して、アメリカ独立リーグのエンパイアリーグに所属するニューヨーク・バックス New York Bucksというチームでプレーしています。

I’m in Aguada, Puerto Rico and playing baseball for New York Bucks in NY, Empire Proffesional League.

 

今回からはシリーズ【アメリカ独立リーグ挑戦記】として、情報が少なくあまり知ることのできないアメリカ独立リーグの内側のことを書いていきたいと考えています。

 

第1回目の今日はエンパイアリーグについての事前情報から。リーグのシステムや開催期間など、エンパイアリーグ とは?という部分についてお話しします。

 

 

 

エンパイアリーグは、2015年に始まったアメリカ東海岸を拠点とする独立リーグです。今年でスタートから4年目を迎え、所属チーム数も4チームから6チームに増加しました。

 

今年の所属チームは、ニューヨーク・バックス、オールドオーチャードビーチ・サージ、プラッツバーグ・レッドバーズ、ニューハンプシャー・ワイルド、アグアダ・エクスプローアーズ、プエルトリコ・アイランダース。アグアダ・エクスプローアーズとプエルトリコ・アイランダースは、アメリカプロ野球リーグとして初めてプエルトリコを本拠地としてフルシーズンを戦うチームとして、プエルトリコや全米で大きく取り上げられています。

 

Empire Proffesional League is based in east coast USA since 2015. It expanded from 4 teams to 6 teams this year. They are New York Bucks, Old Orchard Beach Surge, Plattsburgh Redbirds, Aguada Explorers and Puerto Rico Islanders. The season starts the beggining of June and finishes the middle of August.

 

開催期間は6月〜8月中旬の約2ヶ月半。はじめに5日間のトライアウトキャンプがあり、それをパスした選手がシーズンをプレーすることができます。

 

エンパイアリーグは2018年現在、アメリカ独立リーグの中で、アトランティックリーグ、パシフィック・アソシエーションリーグ、キャンナムリーグ、フロンティアリーグに次ぐ位置付けで、さらにペコスリーグと続きます。レベルはアメリカマイナーリーグの1A程度と言われており、上下のリーグとの選手移動が頻繁に起こります。勝つために選手を囲い込むよりも、良い選手をどんどん上のリーグに送り込みたいというのがリーグの方針です。

 

There are Atlantic League, pacific Association League, CanAm League, Frontier League, Empire League and Pecos League as Independent league in the USA. They say Empire League is 1A level in minor league.

 

2018年シーズンを迎えるにあたっては、ビジネスパートナーとしても魅力的な日本から多くの選手を獲得したいという意向があり、アメリカでのトライアウトの前に日本でのトライアウトが開催されました。2年前にこのエンパイアリーグのニューハンプシャー・ワイルドでプレーした日本人が、リーグチェアマン直下のアシスタントとしてシーズンに同行することになり、彼が日本でのトライアウトを取り仕切ってくれたのでした。

 

ぼくを含めた4人の日本人がそのテストに合格、2018年のエンパイアリーグでプレーする権利を獲得しました。もちろんそこで合格を獲得することができなくても、アメリカでのトライアウトキャンプでもう一度合格のチャンスがあります。何が起こるからわからないチャンスの国、一度上手くいかなくても次のチャンスが与えられる、アメリカらしい考え方だと思います。

 

They held some tryout in Japan for this season. 4 Japanese players passed it and got a right to play this season for Empire league.

 

 

次回からは、いよいよ本題のエンパイアリーグトライアウトキャンプやシーズンのレポートに入っていく予定です。何か特に取り上げて書いて欲しい部分や質問などがありましたら、Twitter @nikosoritやFacebookなどでご連絡ください。

 

Next time I will write about the tryout camp.

 

 

 

— 2019.2.16 更新 —

 

エンパイアリーグでシーズンを過ごしてから半年が経ち、今年も新シーズンのトライアウトの時期がやってきました。

 

上記、昨年の日本トライアウトで合格した4人の日本人選手は、全員シーズン途中でクビになることなくフルシーズンを戦い抜き、投手2人がリーグ3位タイとなる5勝をあげ、野手2人は打率.300達成と、全員がリーグ主力級の活躍をすることができました。これにより、めでたく今年も日本トライアウトは継続開催されることとなりました。これには、ぼくたち昨シーズンプレーした日本人選手、日本トライアウトを主催したパラカイエベースボールの松坂賢リーグチェアマンアシスタントだけでなく、エンパイアリーグ代表・副代表の兄弟も大変喜んでいました。今後もリーグとして日本人選手・日本球界との結びつきをどんどん強くして行きたいとのことです。

 

付け加えて言うとすれば、夏休みのリーグ参加企画を利用してプレーした日本人大学生選手が、怪我で内野手を欠いたチームに上手くフィットして思いがけない活躍を見せてくれたのも日本人選手の評価を上げるのに一役買ってくれました。

 

 

 

そこで、多くの方に今回のトライアウトに興味を持ってもらえるように、またトライアウトを受験したたくさんの選手が合格してアメリカでのプレーを叶えられるように、トライアウトまで1ヶ月となったこのタイミングでエンパイアリーグトライアウト2019完全ガイドを執筆しました。

 

2019年3月9日アメリカ独立エンパイアリーグが日本でトライアウトを開催します Empire League Tryout in Japan

 

詳細なメニューや合格基準を含むトライアウトについて、シーズンを終えてより詳しくわかったリーグやシーズンの仕組みについて、そして給与額を含む資金についての3章構成で、これを読めばアメリカ独立リーグ、エンパイアリーグのことがまるごとわかるブログになっています。特に資金に関してはTwitterに寄せられる質問も多く、皆さんが特に知りたい部分だと思うので、包み隠さず正直に書きました。

 

今回のトライアウトを受験する予定の選手はもちろん、アメリカや海外でのプレーに興味のあるすべての選手、また多くの海外野球ファンのみなさんに読んでもらい、参考にしてもらえたらこれほど嬉しいことはありません。

 

今シーズンは昨年好評だった夏休みのリーグ参加企画に加え、インターン制度やまだ未発表の企画など、選手にとっても選手以外にとっても、様々なかたちでリーグに関われる仕組みを準備中と聞いています。正式に発表されたらこちらのブログやTwitter @nikosoritでも告知しますので、ぜひ楽しみにお待ちください。

 

 

 

関連Blog

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在0日目 トライアウトや開催期間、リーグシステムなど Empire League Day0

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在1日目 ボルティモア・ワシントン国際空港 Empire League Day1

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在2,3日目 Load Trip with 井神力、佐野川リョウ、ウェンデル・フローラヌス選手 Empire League Day2,3

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在4日目トライアウト初日のメニューやスケジュール、参加人数など Empire League Day4

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在5日目 キャンプ2日目のドラフト、実戦形式トライアウト Empire League Day5

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在6日目 トライアウト3日目での合否とコールアップについて Empire League Day6

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在7日目 トライアウト4日目、合格と不合格の狭間で Empire League Day7

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在8日目 トライアウト合格発表とメジャーリーグスカウト Empire League Day8

 

アメリカ独立リーグの投手起用例から再考する吉田輝星くんと甲子園の投球制限 Pitching in indyball & Koshien

 

エンパイアリーグ2018年シーズン、バッティング動画・ピッチング動画の紹介と撮影のススメ

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記外伝】アメリカのポジション争いに対する考え方と、人を呪わば穴二つ

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記外伝】野球人生初めてトレードされた話、バイエズにあって川崎宗則にないもの TRADE ALERT

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記】2018シーズンまとめと進行スケジュール/ Empire League Schedule

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記】2018シーズンを終えてのリーグからの評価/ Assessment in Empire League

 

 

 

Equipment: iPhone

Argentina Asia Australia Austria Belgium Czech Empire League Europe Germany Independent League Italy Japan Latin America Mexico North America Oceania Puerto Rico Slovak South America Switzerland Tokyo Big6 UK USA アジア アメリカ アルゼンチン イギリス イタリア エンパイアリーグ オセアニア オーストラリア オーストリア スイス チェコ ドイツ プエルトリコ ベルギー メキシコ ヨーロッパ 中南米 北アメリカ 南アメリカ 日本 東京六大学 独立リーグ