Born on a Baseball Planet
【アメリカ独立リーグ挑戦記】エンパイアリーグとボルティモア・ワシントン国際空港 アメリカ滞在1日目 Empire League Day1

前回に引き続き、アメリカ独立リーグのエンパイアリーグへの挑戦の日々を記録して行きます。今回のブログは、アメリカ大陸上陸からキャンプ地のSports at the Beachへの移動の際に起こったことを書いていきたいと思います。

 

と思ったのですが、その直前。アメリカへ向かう飛行機搭乗時に、予想外の事態に遭遇することとなりました。

 

This time the topic in this blog is the load trip from Boltimore Washington International Airport to our camp spot Sports at the beach. But before that I was in a trouble at Frankfrut International Airport.

 

 

 

この2018年シーズン、ぼくはエンパイアリーグでプレーする6月〜8月より前の3月〜5月に、前年もプレーしたベルギーのブラススガート・ブレーブスでプレーするためにヨーロッパに滞在していました。そのため、ベルギーのブリュッセル空港から乗り換えでフランクフルト空港へ、そしてボルティモア・ワシントン空港へ向かうこととなりました。

 

そのフランクフルト空港で問題が発生します。”Can you let me see your return ticket?”と、帰りのチケットについて聞かれたのです。

 

In 2018 baseball season, I stayed and played baseball in Belgium, Europe from March till May. That’s why I took an airplane from Brussels to Frankfurt, Frankfurt to Boltimore. And I got in a trouble at Frunkfurt. They asked me about my return ticket. But I didn’t have it.

 

あとでキャンプに参加する他の日本人選手にも確認したところ、全員が要求された訳ではなかったのですが、どうやら原則としてアメリカ入国の際は出国のチケットを持っている必要があるようです。

 

これからベースボール・ショーケースのために入国予定で、いつクビになるかわからないため現地で買いたいと説明しても、それでは確かに3ヶ月以内に出国予定であることが確認できないと言われダメでした。

 

結局、出発まで10分あるから今すぐにチケットを購入すれば搭乗できる。さもなくば搭乗はできないと言われ、大急ぎで予約することになりました。シーズン終了日はプレーオフ進出いかんにもよるので、だいたいの予想で買うことに。他の日本人選手も概ね同じ状況のようでしたので、これから同じようにアメリカに挑戦しようとしている選手は注意が必要です。

 

I tryed to explain that I will stay and play baseball show case in US. I never know when the season will be finished or when I got released. But It doesn’t work. I had to book my return flight in 10 minutes until boarding otherwise I couldn’t get in the flight.

 

 

搭乗してしまえば到着までは一瞬。日本・ヨーロッパ間の10数時間のフライトに慣れている身としては、ヨーロッパ・アメリカ東海岸間の9時間は本当に短く感じました。

 

飛行機を降りた瞬間に感じたことは、今でも鮮明に覚えています。機体から連絡通路に出た瞬間に吹いた、やや湿り気と熱を帯びた風。ヨーロッパのものとはまた違う、長く憧れたアメリカの空気でした。

 

その日は空港泊。クロワッサンのサンドイッチを頬張って、大きなスーツケースと野球バッグを抱えて眠りました。翌日からはいよいよキャンプ地へ向かいます。興奮もありましたが、長旅の疲れの方が大いに優っていたのでした。

 

Anyway, I booked my return ticked and get in the flight. I felt like it’s so quick flying from Europe to the east coast of The USA. Because I’m used to fly 14-16 hours from Japan to Europe. I can’t forget about the wind I felt when I step on The USA first time. It was a bit wet and warm, different from it in Europe. After eating croissant sandwiches I slept holding my big travel case and baseball bag at the airport. I was exited in the world will start tomorrow but more tired.

 

 

 

関連Blog

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在0日目 トライアウトや開催期間、リーグシステムなど Empire League Day0

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在1日目 ボルティモア・ワシントン国際空港 Empire League Day1

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在2,3日目 Load Trip with 井神力、佐野川リョウ、ウェンデル・フローラヌス選手 Empire League Day2,3

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在4日目トライアウト初日のメニューやスケジュール、参加人数など Empire League Day4

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在5日目 キャンプ2日目のドラフト、実戦形式トライアウト Empire League Day5

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在6日目 トライアウト3日目での合否とコールアップについて Empire League Day6

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在7日目 トライアウト4日目、合格と不合格の狭間で Empire League Day7

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在8日目 トライアウト合格発表とメジャーリーグスカウト Empire League Day8

 

アメリカ独立リーグの投手起用例から再考する吉田輝星くんと甲子園の投球制限 Pitching in indyball & Koshien

 

エンパイアリーグ2018年シーズン、バッティング動画・ピッチング動画の紹介と撮影のススメ

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記外伝】アメリカのポジション争いに対する考え方と、人を呪わば穴二つ

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記外伝】野球人生初めてトレードされた話、バイエズにあって川崎宗則にないもの TRADE ALERT

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記】2018シーズンまとめと進行スケジュール/ Empire League Schedule

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記】2018シーズンを終えてのリーグからの評価/ Assessment in Empire League

 

 

 

 

Equipment: iPhone

Argentina Asia Australia Austria Belgium Czech Empire League Europe Germany Independent League Italy Japan Latin America Mexico North America Oceania Puerto Rico Slovak South America Switzerland Tokyo Big6 UK USA アジア アメリカ アルゼンチン イギリス イタリア エンパイアリーグ オセアニア オーストラリア オーストリア スイス チェコ ドイツ プエルトリコ ベルギー メキシコ ヨーロッパ 中南米 北アメリカ 南アメリカ 日本 東京六大学 独立リーグ