Born on a Baseball Planet
【アメリカ独立リーグ挑戦記】エンパイアリーグと井神力、佐野川リョウ、ウェンデル・フローラヌス アメリカ滞在2,3日目 Empire League Day2,3

 

今回のブログは、アメリカ滞在2日目と3日目。アメリカ到着地のメリーランド州ボルティモアを出て、キャンプ地のデラウェア州Sports at the Beachへ向かいます。

 

この2日間は、会うひとみんな驚くほど魅力的なひとばかりでしたので、キャンプ地へのロードトリップを軸に彼らとの出会いを紹介して行きたいと思います。

 

This blog is about the 2nd and 3rd day of my stay in The USA. We leave Boltimore Merryland the place our flight arrived and head to “Sports at the Beach” the sports complex we have the Empire League preseason camp. In this load trip I met some baseball guys and everyone was so interesting.

 

 

 

空港で目覚めると時刻はまだ午前5時。時差ボケもありましたが、早朝から慌ただしく動き始める空港の空気に目が冴えてしまったのでした。空港のWi-Fiでアメリカ到着を報告したり、友達と連絡を取ったりしているうちに、待ち合わせの時間はすぐにやってきました。

 

待ち合わせの相手は以前も書いた、今シーズンエンパイアリーグの全試合に同行する松坂賢チェアマンアシスタント。ぼくの出身地である山梨県で高校、大学時代を過ごした彼とは海外野球やバッティングに対する考え方も近く、しかも同じキャッチャー出身ですので、シーズン中でも行き詰まったときはすぐに相談に行きます。いつも的確なアドバイスをくれるよきアドバイザーとなってくれています。

 

日本でのトライアウト以来の再会を喜ぶのも束の間、早速レンタカーを借りて今日の宿泊先のホテルへ向かいました。松坂君オススメのメキシカンフード、チポトレで夕食を食べて、夜の便で到着した3人の日本人選手ともなんとか合流、ボルティモアのホテルで就寝となりました。

 

It was still 5 am but I got awake because the airport already started to work. I met up with Ken Matsuzaka who is chairman assistant of Empire League this season. He spent his school days in my home town Yamanashi, Japan and played for this league 2 years ago. He is my good friend and great coach as well. We took a dinner at mexican place Chipotle, picked up 3 other japanese players and fall asleep in a hotel in Baltimore.

 

 

合流した日本人選手のひとり、後にニューヨーク・バックスでバッテリーを組むことになる井神力投手とは、オーストリアのアトナング(ヨーロッパ最大の野球祭典の1つ、オーストリアのフィンクストンボール/Finkstonball in Attnang-Puchheim, Austria)で会って以来の再会となりました。

 

その1年後に今度はオーストラリアからぼくの滞在していたベルギーに電話を掛けてきたことがきっかけでトライアウトを受けることを決め、ぼくがこのブログを書いているたった今もプエルトリコのチャイニーズレストランで目の前にいるのですから不思議な縁です。

 

One of the guy we picked up is Chikara Igami former Shiga United player with BC League(Japanese independent league). I met him first time in Attnang-Puchheim, Austria(ヨーロッパ最大の野球祭典の1つ、オーストリアのフィンクストンボール/Finkstonball in Attnang-Puchheim, Austria). 1 year after I met him he called me from Australia. I was in Belgium, Europe at the moment. The phone call let him deside to try out for Empire League and he is just in front of me in Puerto Rico now. It’s interesting, right?

 

 

 

翌朝はウォルマートで食糧やキャンプ地で必要になる寝具、洗剤などの買い出しをして、2台のレンタカーに乗り合わせてキャンプ地のデラウェア州Sports at the Beachへ。ぼくと井神投手は、最後に合流する日本人選手のピックアップのためにまずはボルティモア・ワシントン国際空港へと向かいました。

 

最後に合流したのは、2年前にもこのエンパイアリーグでプレーした経験を持ち、昨年はぼくと同じヨーロッパのフランスでもプレーした佐野川リョウ投手。自己紹介のときもピッチャーです、ではなくナックルボーラーですと切り出す、チームメイトの言葉を借りて言えばTrue Knuckleballerです。

 

同じ慶應義塾大学SFCの出身で仰木研究会に所属する彼のことは有名人ですからぼくは知っていましたが、彼もぼくのことを知っていたと話してくれて驚きました。写真や映像に興味があるのも共通で、キャンプ地ではお互い同時にカメラを向けることもありました。

 

Next morning, we bought washing staff, sleeping staff and some food for camp. Ken and 2 other guys get in a car and drive to “Sports at the Beach” directly. I get in the other car with Chikara and drive to Baltimore Washington International Airport to pick another Japanese player. His name is Ryo Sanogawa played for Empire League 2 years ago and French league top division last year as well. He does not say “I’m a pitcher.” but “I’m a Knuckleballer.” for his self introduction. That’s why one of my teammate call him “True Knuckleballer.”

 

 

 

10時にワシントン・ボルティモア空港を出て12時半までにキャンプ地最寄りのショッピングモールに着いてレンタカーを返却する目標でしたが、途中大雨も降り出したため事故を起こしては仕方ないとあきらめモードに。3人のロードトリップは野球の話はもちろん、お互いのこれまでの人生の話や、これから向かうトライアウトへのワクワクなどで大いに盛り上がり、楽しい時間となりました。

 

途中チェサピークベイブリッジを渡って、ショッピングモールに着く頃には12時半を15分程過ぎたところでしたが、閉まっていると思ったレンタカー屋さんがまだ開いています。急いで返却すると滑り込みセーフ。1日分の超過料金を払わずに済みました。

 

 

 

 

浮いたお金で食べ納めとばかりに10ドルの中華バイキングをたらふく食べて、レンタカーはもう返してしまったのでキャンプ地に早めに着いている別の選手に迎えに来てくれるよう頼みました。

 

来てくれたのは、昨年このリーグで最優秀投手だったというウェンデル・フローラヌス投手です。アメリカでも野球選手たちのあいだで話題に出ることと言えば、いつも大谷翔平選手のこと。ウェンデルとの会話でも、MLBでの彼の活躍が話題の中心になりました。以前ブログにも書いた東京ドームのオランダ戦で放った天井直撃ツーベース(ロサンゼルス・エンゼルス 大谷翔平選手/Shohei Ohtaniに対する海外の反応の変化)に話題が移ると、ウェンデルの口から衝撃的な一言が。

 

“I pitched it.”

 

「あれ投げてたの俺だよ」と。一同激震。どうやらオランダ国籍も持っているウェンデルはオランダ代表としてプレーしており、確かにあのときピッチャーとして大谷に天井直撃弾を叩き込まれたようです。ニュースを確認しても、至る所に彼の名前が出てきました。大谷にあれだけの当たりをされたのはピッチャーとしては不名誉かも知れませんが、オランダ代表といえば前回WBCでは4位に入った強豪国。そういった選手がプレーしに来ているということからも、改めてリーグのレベルの高さを実感したのでした。

 

後日談ですが、プエルトリコ・アイランダースで2人の日本人選手と一緒にプレーすることになったウェンデルは、教えてもないのに聞いた日本語を勝手に覚え、試合中に「エゲツね〜」「ハンパね〜」などと連呼してチームメイトの爆笑を誘っていました。

 

We arrived at State of Delaware and returned the car. An player for the tryout camp pick us up from the shopping mall. His name is Wendell Floranus. We talked about Shohei Ohtani as a quite usual topic with a baseball players overseas. He said he is doing very well. And asked us do you remember the roof shot double in Tokyo Dome? Ofcourse we know. Then he said I pitched it! It was unbelievable. But I found his name so much when I google it after that. The funny things is that after the camp he learned some Japanese like “Egetsune〜” or “Hanpane〜” without any teaching from us. These mean like unbelievable. He is so funny guy and a good teammate or a rival player as well.

 

 

ようやくキャンプ地に到着すると、もう至る所で挨拶の嵐。”What’s up?”から始まって、自己紹介、どこから来たの?ポジションは?などの会話がそこかしこで繰り広げられています。

 

20数人と同じような会話を繰り返したところで、明日にはさらに100人以上が到着すると聞いてもう断念。ようやく寝る部屋とベッドも決まって、貧弱なWi-Fiに悩まされながらもキャンプ地での最初の眠りについたのでした。

 

Finally we arrived at “Sports at the Beach” the place we try out Empire League. We met and say hello more that 20 time and then we heard 100 more player will arrive tomorrow. We gave up to say hello everyone and fall asleep as the first sleep at the camp spot.

 

 

 

次回はいよいよトライアウトキャンプが開始。トライアウトのシステムやメニュー、ポジションごとの参加人数などについて詳しく書いていく予定です。

 

 

 

関連Blog

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在0日目 トライアウトや開催期間、リーグシステムなど Empire League Day0

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在1日目 ボルティモア・ワシントン国際空港 Empire League Day1

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在2,3日目 Load Trip with 井神力、佐野川リョウ、ウェンデル・フローラヌス選手 Empire League Day2,3

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在4日目トライアウト初日のメニューやスケジュール、参加人数など Empire League Day4

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在5日目 キャンプ2日目のドラフト、実戦形式トライアウト Empire League Day5

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在6日目 トライアウト3日目での合否とコールアップについて Empire League Day6

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在7日目 トライアウト4日目、合格と不合格の狭間で Empire League Day7

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記録】アメリカ滞在8日目 トライアウト合格発表とメジャーリーグスカウト Empire League Day8

 

アメリカ独立リーグの投手起用例から再考する吉田輝星くんと甲子園の投球制限 Pitching in indyball & Koshien

 

エンパイアリーグ2018年シーズン、バッティング動画・ピッチング動画の紹介と撮影のススメ

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記外伝】アメリカのポジション争いに対する考え方と、人を呪わば穴二つ

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記外伝】野球人生初めてトレードされた話、バイエズにあって川崎宗則にないもの TRADE ALERT

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記】2018シーズンまとめと進行スケジュール/ Empire League Schedule

 

【米独立エンパイアリーグ挑戦記】2018シーズンを終えてのリーグからの評価/ Assessment in Empire League

 

 

 

Equipment: iPhone

Argentina Asia Australia Austria Belgium Czech Empire League Europe Germany Independent League Italy Japan Latin America Mexico North America Oceania Puerto Rico Slovak South America Switzerland Tokyo Big6 UK USA アジア アメリカ アルゼンチン イギリス イタリア エンパイアリーグ オセアニア オーストラリア オーストリア スイス チェコ ドイツ プエルトリコ ベルギー メキシコ ヨーロッパ 中南米 北アメリカ 南アメリカ 日本 東京六大学 独立リーグ